午前中、家ですごしているとピンポンと呼び鈴がなりました。慌てて着替えてそとに出ていくも、間に合わず。大声で叫びましたが、郵便局員はいってしまいました。それでも、ポストをみると封筒がありました。封筒には、結構、枚数が入っているようで看護学校の名義で送られてきていました。いくら身内とはいえ、勝手に開けてみるのはまずいと思いそのままおいていました。昼をすぎてから電話があって、封筒がきたか、きていたら内容を確認してほしいとのこと。そういうわけで確認しました。すると、合格の文字がはいった書類がみえました。あとは、入学の手続きや辞退の書類などいろいろな書類がはいっていました。どうも、看護学校の試験を受けていたようで、見事に合格したという事でした。この後が少し大変だと思いますが、頑張ってほしいものです。これから今の仕事辞めるのにもごたごたしそうですし、勉強も結構大変ときいているので、最後までいけるのか心配ですが、まあ、なるようになるのでしょう。ミュゼ 変更